カテゴリ:交流学習

交流学習

森林環境科2年生が園芸総合実習の時間で、久万小学校3年生と交流学習で大豆の種まきをしました。

最初は畝や鍬の漢字のクイズを行い道具や畑について確認してから、マルチの張り方のお手本を見せてから取り組みました。

密にならないよう気をつけて、小学生は2人ずつ作業に入ってもらい、高校生も2人ずつフォローに入りました。

マルチの端を踏んで鍬を使って土をかけるのは難しそうだったので、途中から高校生がマルチの端を踏み、小学生がスコップを使って土をかけていきました。

ある程度までやったら小学生はどんどん入れ替わってもらいました。

全部マルチが張れたら、印をつけたところだけマルチに穴をあけていきました。

穴あけが終わると今度は播種の漢字クイズと播種のやり方について説明し、播種をしてもらいました。

播種後は、種を上から第一関節まで押さえてもらいました。

高校生は種の数が合っているかや深さの確認等を行いました。

久しぶりの交流学習となりましたが、何事もなく終えることができました。

交流学習

森林環境科2年生と久万小学校3年生が交流学習を行いました。

前回の交流学習に引き続き、今回もキノコの栽培です。

今日は収穫をしました。

最初に、きのこ室で機械を使った菌かきの説明と体験をしてもらいました。

その後、きのこの成長過程を実物を示しながら説明し、どれだけ成長しているのかを確認しました。

それから林業教棟に移動させ、収穫を始めました。

先生から説明があり、高校生がサポートしながら説明通りに作業に取り組んでもらいました。

パック詰め体験もしてもらい、おうちに持って帰れるようにしました。

収穫を無事に終えると、先生が用意したきのこ入りの豚汁を食べてもらいました。

小学生は給食があるのであまり量を食べないようにしていましたが、みんな美味しそうでした。

全3回に渡るきのこの交流学習は無事終了しました。

交流学習~菌かき~

森林環境科2年生が久万小学校3年生と交流学習を行いました。

前回の交流学習に引き続き、今回もきのこの栽培です。

今日は、菌かきという作業をしました。

先生から菌かきについての説明があり、高校生が道具を配りました。

前回自分たちが名前を書いたケースを用意し、作業に取り組みました。

高校生はサポートに入り、作業の手順を教えたり、力が要りそうな場面で手伝ったりしました。

慣れてきてからは小学生もスムーズに取り組むことができました。

次回の交流学習では、いよいよきのこの収穫となります。

交流学習〜お手軽ピザ作り〜

森林環境科1年生と久万小学校1年生が、交流学習でお手軽ピザ作りをしました。

久万小学校1年生とは、前回の交流学習でトマトを植えたり収穫したりしています。

今回は上高で育てたトマトで作ったピザソースを使います。

まず高校生3人小学生2人1班に分かれて自己紹介をしました。

最初は先生から、今回実際には作りませんでしたが、上高特製トマトソースの作り方の説明がありました。

それからピザの作り方の説明があり、調理にとりかかりました。

餃子の皮2枚をくっつけ、上高製トマトソースを塗り、好きな具材を乗せていきました。

思い思いのピザを作ってオーブンで焼き、チーズがトロトロになるぐらいの美味しそうなピザが出来あがりました。

高校生と小学生が一緒にピザを食べ、美味しいと満足のいく出来だったようです。

  

交流学習~接種体験~

森林環境科2,3年生と久万小学校3年生が交流学習をしました。

最初は森林環境科3年生と先生から上高きのこができるまでの手順説明が行われました。

どういったことをするのかや、栽培に必要な材料等を簡単に説明しました。

それから実際にきのこを栽培している部屋に行き、きのこが育っている状態等について実際に見てもらいました。

説明が終わってからは、実際にきのこの接種体験をしてもらいました。

接種は、殺菌・冷却したボトルにきのこのもととなる種おがを入れる作業です。

接種作業の際には、菌が入らないよう事前に手洗いや消毒をしてもらい、マスクと帽子も着用してもらいました。

ここでは森林環境科2年生が補助に入り、先生から接種のやり方を説明してもらった後に実際に作業に取り掛かりました。

1人あたりだいたい20個近く接種作業をしました。

また、雑菌が入らないよう急いで作業をする必要があり、小学生がすばやく作業が行えるよう高校生がサポートしました。

量等も確認しながら作業を進め、無事問題なく終えることができました。

最後は自分が接種したものの入れ物に名前を書いたテープを貼りました。

次回は年明けになりますが、菌かきという作業を体験してもらう予定です。