カテゴリ:SDGs総合学習

SDGs総合学習発表会

6,7限に、SDGs推進人材育成事業の集大成として、3年生普通科がこれまで2年近く取り組んできたSDGs総合学習の発表会が行われました。

3年生普通科がこれまで学んできたことを、2年生の普通科に発表しました。

これまで学んできたことの中から発表する内容を決め、少ない時間の中で資料を作って発表しました。

ただ発表するだけでなく、できる限り2年生に伝わりやすいように発表の仕方や資料の作り方にも工夫を凝らしていました。

発表終了後は、2年生が発表を聞いて興味を持ったグループのところに行って交流し、様々な話をしました。

2年生のころから始まったSDGs総合学習の集大成としてふさわしい発表会でした。

こちらから動画で様子の一部をご覧になれます。(読み込めない場合は再度開きなおすか、再読込又は設定で画質を落としてからご覧ください)

総合学習

3年生普通科の総合学習の様子です。

来週行われる発表に向けて準備をしていました。

この1年半かけて学んできたことの中で、自分たちの印象に残ったことを伝えられるよう、情報を集めたり見やすい資料作りに取り組んだりしています。

総合学習

普通科3年生の総合学習の様子です。

今日の授業が年内最後ということで、SDGsアワードの映像を7つ鑑賞しました。

それぞれテーマが違い、実際の取り組み内容もあれば、啓発のためのものもありました。

また、中には高校生や中学生が作っているものもありました。

今回映像を見たうえで、改めてこの2年近く総合学習の中でSDGsについて学び、どんなことを伝えていきたいかを考えました。

そして、せっかく学習してきたことを絶やさないよう、2年生に向けて発表を行う予定です。

総合学習

普通科3年生総合学習の様子です。

最初に、「〇〇の役に立つ」世界の〇〇の中に何が入るか考えました。

多くの生徒が人や高齢者と答えたことから、〇〇の中には人間が入ると考えることが多いことが分かったので、次は人以外だとどのようなものが入るか考えました。

地域であったり、環境だったり様々でてきました。

次に、先生が用意したSDGsに関する新聞記事の中から興味のあるものを選び、内容の要約等に取り組みました。

要約をしてその記事が何を言いたいのか考えてから、自分たちの社会との関連や自分の考え等を書いていきました。

難しそうでしたが、黙々と考えて取り組んでいました。

総合学習

普通科3年生の総合学習の様子です。

前回の授業の振り返りをした後、推薦入試に向けて自分の知識を深めるために、面河ダムに話を聞きに行った生徒の話を聞きました。

話を聞いて、どういう発見があったか、どのようなことが学べたか等様々な質問をクラスメイトがしました。

一通り質疑応答が終わってからは、SDGsの原点に立ち返り、これまで学んだことを通して農業と何かを組み合わせてより良い世の中を考える活動をペアでしました。

農作物の規格外品を使うという現実的なアイデアから、なかなか思いつきもしないようなユニークなアイデアまで様々なありました。

最後は、最近少しずつ始まっているらしい、中小企業がSDGsに取り組む意義、について考えました。

インターネット等で色々調べた結果、中小企業はただイメージアップのためだけに取り組んでいるの?と衝撃を受けている生徒もいましたが、それとは別に自分達がやってきたことを踏まえながら考えていきました。