上高日記

全校朝礼

保健委員会の発表が行われました。

学校がある時と冬休み中の生活実態について、グラフを参照しながら説明がありました。

学校がある時と冬休み中を比べると、遅寝遅起きになってしまったり、1日にゲームやスマートフォンに費やす時間が増加する傾向があるとのことでした。

また、体育以外での運動も少なくなってしまうということもあり、保健委員が前にでてお手本をしながら、体力チェックやストレッチヨガをしました。

生徒だけでなく、先生方も一緒に取り組みました。

今日紹介されたものは日常生活中でもすぐに取り組めるので、ぜひやってみましょう。

おがくず

森林環境科2年生と3年生が、きのこ栽培用のおがくずを森林組合から購入しました。

おがくずを1トン収容できる袋を4袋持っていき、全員で詰め込みました。

詰め終わったら学校のトラックに積み、加工室まで運んでおがくず置き場に下ろしました。

トラックのクレーンで吊り下げて、袋の下の方を空けて、男子が袋に衝撃を与えて下ろしていきました。

4トンとなるとかなりの量でした。

こちらから様子の一部を動画でご覧になれます。(読み込めない場合は、開きなおすか再読込または設定で画質を落としてからご覧ください)

総合学習

3年生普通科の総合学習の様子です。

来週行われる発表に向けて準備をしていました。

この1年半かけて学んできたことの中で、自分たちの印象に残ったことを伝えられるよう、情報を集めたり見やすい資料作りに取り組んだりしています。

エミフルにて

エミフルMASAKIにて、森林環境科トマト班が「上浮穴高校桃太郎とまとハヤシソース」の販売を、カホンプロジェクトチームがカホン製作ワークショップを行いました。

トマト班は、FM愛媛をはじめとした多くの企業の方々にご協力いただき、ついに商品の販売となりました。

パンフレットを配ったり積極的に声を出して呼びかけをしたこともあり、多くの方に商品を手に取ってもらえました。

また、販売活動の様子をテレビにて放送していただきました。

今回販売した商品は、FM愛媛の通販さいと「FMマルシェ」「久万高原町道の駅さんさん」にて販売しております。

カホン製作ワークショップは、グリーンステージにて行われました。

お子様連れのご家族が多く参加してくださいました。

子ども達はカホンに興味津々で、作っている最中から楽しそうでした。

完成してからは、すぐに叩いて音が出るのを楽しんでいる様子でした。

完成後は森林に関するクイズをして、会場全体の人とに森林について知ってもらいました。

クイズ後は、カホン演奏の説明や練習をして、最後はステージに出てもらい、高校生と一緒に演奏してもらいました。

様子の一部をこちらからご覧になれます。(読み込めない場合は、開きなおすか再読込または設定で画質を落としてからご覧ください)

センター試験前説明会

放課後に、センター試験を受験する生徒に事前説明会が行われました。

受験前日の準備や当日について、受験後の流れ等の説明がありました。

特に受験当日のことについては、集合場所や時間、もし受験票や筆記用具を忘れるといったトラブルがあった際の対応について等、細かく説明がありました。

センター試験まであと1週間、日ごろからしている努力を絶やすことなく、最後まで頑張りましょう。