2018年9月の記事一覧

合同授業

普通科2年生の現代社会の授業と普通科3年生の政治経済の授業が合同で行われました。

これまで勉強している内容をもとに、「どうする久万高原町!」というテーマで話し合いを行いました。

4人1組に分かれて「えんたくん」を使用して話し合いを行いましたが、最初は少し静かな雰囲気だったのが段々と活発な話し合いへと発展していました。

途中からは、1人を残して他の3人が別の班の所へ行き話し合いをしましたが、違う意見が混ざり合い面白い意見がたくさん出てきていました。

最後はそれぞれの意見を伝わりやすいように簡潔にまとめて発表しました。

今日は2学年合同ということもあり、話し合うことの難しさや面白さを感じる授業になったのではないでしょうか。

役場の方のお話

2年生の総合学習にて、久万高原町役場のふるさと創生課の方に久万高原町移住定住促進への取り組みについてお話していただきました。

現在の人口推移や中心的に行っていることをお話していただき、それぞれの取り組みについて細かくお話していただきました。

普段生活しているだけではなかなか聞くことがない空き家バンクのお話や、ニュータウン久万高原についても詳しくお話していただきました。

また、移住者の生活支援の新たな事業等についてもお話していただきました。

久万高原町が高齢化や人口減少に対してどのようなことをしているのかしっかり学べる1時間でした。

また、お忙しい中お話をしていただきありがとうございました。

SDGs学習

2年生の総合学習は、前回のお話をもとに、SDGsの観点から考えるというテーマで行われました。

4人一組の班に分かれて、「えんたくん」を活用して話し合いを行いました。

各班で使い方に違いが出ており、また発表についても各班かぶることなく違った意見が出てきました。

どの班も個性的な意見が多く、いろんな考え方を知る事ができたのではないかと思います。

SDGs推進事業講演会

SDGs推進事業講演会にて、カンボジアで地雷撤去作業をされている方にお話をしていただきました。

今回の講演会に先駆け、1,2年生は事前学習にてカンボジアや地雷についてしっかり学び準備しています。

 

ご自身がカンボジアで地雷撤去に携わるようになった経緯や、地雷を撤去した場所で始めたことについてお話いただきました。

地雷を撤去した場所でイモを育てるだけでなく、焼酎を造ることにより、カンボジア産の焼酎が次第に広まり、今では工場でフル稼働するまでになったそうです。

また、カンボジアのフルーツ等についてもお話していただきました。

マンゴーの値段が日本の百分の一ほどであるものの、非常に美味しいというお話があり、生徒も興味深そうでした。

また、地雷撤去活動等を通して、国際社会と日本の関係等もお話していただきました。

最後に質問の時間があり、生徒からは「1日で地雷をどのくらい撤去することができるのか」、「機械化することはできないのか」といったような質問がありました。

本日の講演会は、生徒にとって国際的な視野で考えることについて大きく勉強になる点が多かったことでしょう。