新着
午後からドイツ研修発表会並びに森林・林業に関する講演会が行われました。 ドイツ研修に参加した生徒による発表会の内容は、研修の大まかな流れと内容、ドイツと日本の違い、実際に訪れた分かったドイツの姿、この研修を通じて学んだこと等でした。 ドイツと日本の違いが多く紹介されましたが、実際に訪れてみないと分からないであろうことが多々ありました。 また、今回の研修が自分の将来を決めるきっかけになったり、今まで考えていたことがより明確に意識するきっかけになったようで、研修に参加した全員にとって非常にプラスになったようでした。   ドイツ研修発表後、ドイツ研修でお世話になった先生による講演会が行われました。 講演会では、ドイツの林業についてや森林との身近さ等、同じ森林でも日本とは違ったところをお話していただきました。 お話だけでなく映像もご用意してくださっていたお陰で、ドイツでの森林と人々の様子がよく分かりました。 また、本日はたくさんの方に来ていただきました。 お忙しい中足を運んでいただきありがとうございました。
全校朝礼で保健委員会からの発表が行われました。 心とからだの健康についてでした。 生徒からのアンケート結果の紹介や、心身の健康に保つための対策の紹介を行いました。 グラフ等を用いて見やすくまとめられており、分かりやすい内容でした。 保健委員会の発表を参考に、健康な毎日を送れるようにしましょう。
6限目終了後、掃除と明日の会場準備が行われました。 200脚以上イスが必要になるそうで、位置取りの確認や量等イスを並べるのが大変そうでした。 また、明日冷えないようにストーブの配置も万全のようです。 明日は多くの方に来ていただけるようなので、今年度初めて行われたドイツ研修がどのようなものだったかを、研修生にしっかりと皆さんに話してもらいたいです。
上高通信1月号更新しました。   ↑の画像をクリックしていただくか、画面上部(スマホの場合はホーム画面の学校名上部にあるタブをタップ)のお便りからご覧になれます。 フルカラーで掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
保健だより1月号更新しました。   ↑の画像をクリックしていただくか、画面上部(スマホの場合はホーム画面の学校名上部にあるタブをタップ)のお便りからご覧になれます。 フルカラーで掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
2年生の総合学習の時間でSDGs学習を行いました。 冬休みにインタビューした内容をもとに、自分達がやりたかったことや対象を再確認した上で解決したい・解決しなければならない課題を文字化しました。 インタビューの内容をまとめたり、何のためにやるのかというこを絡めて考えるのはある程度できているようでしたが、それを言葉にするのが難しそうでした。 自分達から積極的に先生に質問・相談する姿が見られました。 課題をまとめてからは、解決するためのアイデアを考えました。 アイデアは浮かんでもどう言葉にしようか悩んでいる生徒もおり、言葉で表す難しさを体感したようでした。 最終的にはある程度どのグループもアイデアを言葉にすることができており、上高生ならではのアイデアや考え込まれたアイデアまで様々ありました。
講師の方に来ていただき、森林環境科の生徒を対象に地域活性化に関する講演及びワークショップが行われました。 講師の方の略歴やこれまで行ってきたこと・事例を交えつつ、6次産業化についてお話いただきました。 6次産業化では、何を使ってどのような対象に売るのかをしっかり考えることが大事で、問題解決のための商品開発だけでは消費者に買ってもらえない等、勉強になるお話が多くありました。 また、地域ブランドを作るためにも、消費者の求める商品に寄せていくことが必要だということもお話されていました。 ワークショップでは、グループ毎に自分達がトマトを使って商品開発すると仮定し、どのようなターゲットを設定するか、どのような商品を作るかを考えました。 すぐにはアイデアが出てこないようでしたが、発表の時には商品やターゲットについてしっかり設定できていました。 6次産業化というのがどういう流れで行われ、何が必要なのか勉強になったと思います。
森林環境科2年生の木工実技講習の様子です。 各自で穴あけや接合部分の微調整を行っていました。 接合部分の調整は、のこぎりで突起部分を少しずつ切り取っていました。 ずれるとまた調整し直しなので、慎重に作業をすすめていました。 また、かんなを使って板の側面部の角張ったところや表面を滑らかにしていました。 難しいところもあり苦戦している生徒もいましたが、講師の先生にやってもらうとあっという間に滑らかになり、驚いていました。 着々と完成に近づいてきています。
3学期の始業式が行われました。 1・2年生は課題テスト、3年生は特別時間割で授業があります。 休み明けではありますが、3学期の良いスタートが切れるよう、それぞれ頑張っていきましょう。
2年生の総合学習で、冬休み中に自分達の活動のための聞き取り調査を各自で計画立てて行っており、グループの1つが久万高原町役場のふるさと創生課の方にお話を聞きに行きました。 役場の方々が人を増やすためにどのような取り組みをしているのかを詳しく教えてもらっていました。 また、今回インタビューに応えてくださった方からは、上高生が様々な取り組みを行っていることも、久万高原町を知ってもらうのにプラスに作用していると教えていただきました。 お忙しい中お時間を割いていただきインタビューに応じてくださっているので、インタビューで知ったことや学んだことを自分達の活動に生かせるようにしましょう。
2018/12/27
陸上部年末恒例もちつきが行われました。 熱湯で殺菌し手袋をつけて行う等、衛生面にもしっかり気を配っています。 力強くもちをつき、非常に美味しそうなもちが出来上がっていました。 このもちは、1年間のしめくくりとともに、お世話になった先生方に配りました。
2年生の総合学習で、冬休み中に自分達の活動のための聞き取り調査を各自で計画立てて行っており、グループの1つが町外から久万に来られた方を対象に聞き取りをしたいということで、上高に来ている地域おこし協力隊の方にインタビューを行いました。 町外から来た人が思う久万高原町の良さや魅力、少し困っていること、久万高原町に来ようと思ったきっかけ等をインタビューしていました。 質問に答えてもらった内容をさらに追加で質問しており、自分達の知りたいことをより深く知ろうとする姿勢が見えました。 他のグループもそうですが、いろいろな場所・人にインタビューして得たものを、自分達の活動にしっかり反映できるよう頑張ってください。  
2018/12/26
昨日から冬季課外が始まっています。 1年生から3年生まで全学年で行われています。 学年が上がる毎に科目数が増えており、3年生のBコースの科目数が多いようです。
12/23(日)、森林環境科クロモジ研究班が道後温泉「飛鳥乃湯」で行われたイベントに参加し、クロモジ研究の為のアンケートと芳香剤作りによる普及活動を行いました。 葉と枝のオイルの香りを嗅いでもらいクロモジについてのアンケートに答えてもらった方に、芳香剤作りを体験してもらいました。 見本として置いた芳香剤に興味を持って近づいてくる方が多く、快くアンケートにご協力いただける方ばかりでした。 クロモジについて知っているという人はいても、クロモジから精油が採れることを知らない人がほとんどで、今回の芳香剤の香りがクロモジのオイルであることを知って驚く人が多くいました。 生徒は積極的にいろんな人に声をかけてアンケートに協力してもらい、アンケートに答えてもらっている際には、自分達の活動についての紹介等も行っていました。 芳香剤も人気で、車に置くという方や、玄関に置くという方が多かったです。 今回は道後のイベントということもあり県外からお越しの方も多く、クロモジの普及活動とアンケートによるデータ収集の両方の面で非常に有意義な活動となりました。
☆カホンプロジェクトチーム、東温進出☆ FM愛媛主催のイベントで、森林環境科カホンプロジェクトチームが、東温アートヴィレッジセンターにてカホン制作ワークショップを行います。 カホン制作後は、インドの弦楽器「シタール」との簡単なセッションも楽しめます。 詳しくは、FM愛媛ホームページをご覧ください。 ←こちらをクリックすると、FM愛媛ホームページに移行します
2018/12/21
FM愛媛の方々が、森林環境科のクロモジ研究班、トマト研究班、カホンプロジェクトチームの取材に来られました。 それぞれ代表の生徒が集まり、これまでの活動内容について詳しく話しました。 イベントの参加や大会への出場について等、たくさんの話がありました。 これから活動を継いでくれる後輩達にやって欲しいことについても話していました。 また、久万高原町についての魅力や自分にとってどんな町か、将来的にはどういう町になって欲しいか等も話していました。 今回の取材の様子は、1/1(火)12:00~17:00から生放送されるFM愛媛新春特別番組「えひめまるごと5時間!」にて聴くことができます。 上高生の熱い想いが詰まっているので、ぜひお聴きください。
2018/12/20
森林環境科クロモジ研究班が、12/23(日)道後温泉「飛鳥乃湯」で行われるイベントの事前準備を行いました。 講師の方に来ていただき、イベントの様子や準備物について指導していただきました。 イベントでは、「香り」をテーマにクロモジをPRするようです。 イベントは10時から開催される予定となっておりますので、お時間がある方はぜひ足を運んでみてください。
2018/12/20
表彰伝達と2学期終業式が行われました。 表彰は、高文祭で奨励賞を受賞した郷土芸能部と、第4回全国ユース環境活動発表大会四国地方大会で「高校生が選ぶ特別賞(高校生選考賞)」を受賞したカホンプロジェクトチーム、校内読書感想文コンクールでした。 終業式では校長先生のお話があり、野球部が吉田町でボランティア活動をしたこと、剣道部が新人戦で5人揃って団体戦に参加したこと、どんな時でも前を向いて頑張ること、人と人とのつながりの大切さについて等お話してくださいました。 明日から冬休みが始まりますが、有意義に過ごせるようにしましょう。
2018/12/19
FM愛媛の方が、森林環境科トマト研究班の取材に来られました。 生徒は、活動を始めようと思ったきっかけや、活動内容等について話していました。 規格外トマトに着目した理由や、規格外トマトとはどんなものかについても説明していました。 また、今後の活動として、来月行われる「愛媛県第2回農業クラブ各種意見発表会」に出場することや、次の世代に引き継いでもらうようにすること等を話していました。 今回の取材の様子は、1/17(木)11:40~11:55「森の久万産らじお(FM愛媛)」にて放送されますので、ぜひお聴きください。  
2018/12/18
森林環境科3年生と久万小学校5年生が交流学習で飯ごう炊飯&おむすび作りを行いました。 5班に分かれて活動しました。 火おこしは高校生が率先して行い、火力調節等は高校生が小学生をサポートしながら進めていきました。 小学生は必死にうちわを扇いだり火の番をしていました。 ある程度安定してからお米が炊けるのを待つ間、各班でレクリエーションゲームをしました。 内容はゆびすまですが、数字を言う前に自分の名前を言わなければならないというルールがあり、皆自然と名前を覚えていました。 ご飯が炊けてからは、林業教棟に移りおむすび作りを始めました。 ラップに適量のご飯を乗せて、塩をお好みでかけて作りました。 中には大量のご飯を乗せ、大きなおむすびになっている生徒もいました。 ご飯のおともには、上高で作った大根の甘酢漬けが出されました。 →久万小学校ホームページ←
12月15日(土)、上高カルチャー教室でクリスマスの飾りを作りました。参加者は4家族で合計15人です。 笛ヶ滝公園で拾ってきた松ぼっくりと地元久万高原町の木材を利用しました。手伝いの生徒たちの対応もよく、 お母さんたちはとても美しい、子どもたちはかなり個性的な作品が仕上がりました。 これから、クリスマスまでの間、お家に飾っていただき、雰囲気を楽しんでもらいたいです。 ご参加ありがとうございました。
12/15(土)に、上高カルチャー教室にて豆腐作りを行いました。 5組の方々が参加されました。 また、普通科2年生が各組の補助につきました。 鍋で熱する作業が多かったので、小さい子ども達が火傷をしないよう注意したり、走り回ったりしないよう注意したりする等、調理以外での補助もしっかりしていました。 豆腐を完成させるために、最後は専用の型に入れるのですが、型に入りきらなかった豆腐を味見しました。 どの組も美味しくできたようでした。 また、手作りのため各組ごとに味に違いがあるようでした。 子ども達も楽しく取り組むことができたようです。
16日日曜日、森林環境科カホンプロジェクトチームが、香川県サンポート高松で開催された、第4回全国ユース環境活動発表大会四国地方大会に出場しました。  この大会は「環境」に関わる活動であって、「持続可能な開発目標(SDGs)」の目標達成に資する活動を行なっている高校生が、日頃の成果を発表するものです。四国大会には書類審査を通過した6チームが出場しており、本校カホンチームも、これまでの活動をまとめて発表しました。   発表後は、SDGsについてのワークショップを通じて、自分たちの活動を振り返り、これからの活動について考えました。   そしていよいよ成績発表。上位2チームは全国大会に出場します。カホンチームは「高校生が選ぶ特別賞(高校生選考賞)」を受賞し、みごと2位通過で全国大会への切符を手にしました!   2月の全国大会も頑張ります!
普通科3年選択生の「発達と保育」の授業の様子です。 明日の「上高カルチャー教室」に向けての準備や作り方の確認等をしていました。 保育系に進学する生徒が多いということもあり、飾りつけにも趣向が凝らされていました。 また、検定試験を受けるとのことで、その為の作品作りや練習も行われていました。
普通科3年選択生の「スポーツⅡ」の授業で、車椅子バスケの選手をお招きして車椅子バスケを体験しました。 最初にウォーミングアップとして、前進・後退・曲がる・止まる練習をしました。 車椅子の車輪の扱いが少しでも変わると曲がりすぎてしまったり、まっすぐ進めなかったりと大変そうでしたが、練習していくうちに少しずつコツをつかんでいきました。 ある程度動けるようになってからは、鬼ごっこをしました。 その後、ドリブルやシュートの練習をしました。 車椅子をコントロールしつつシュートもするとなると難しいようでした。   しっかり練習をしてから、二つのチームに分かれて試合をしました。 両チームとも練習したことをしっかり生かし、積極的に攻めたりシュートを打ったりしました。 最後は、選手の方々と試合をしました。 選手の方々の素早い動きで翻弄されていましたが、負けじと食らいついていました。 試合中も練習中もずっと生徒は楽しそうにしており、授業後にはまたやりたいと言っている生徒が大勢いました。
上高通信と保健だより12月号更新しました。   ↑の画像をクリックしていただくか、画面上部(スマホの場合はホーム画面の学校名上部にあるタブをタップ)のお便りからご覧になれます。 フルカラーで掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
2年生の総合学習の時間でSDGs学習を行いました。 今回は前回設定したテーマをより深く練り直し、自分達の活動を再度設定し直す活動でした。 そのために、最初に「ペルソナ設定(ターゲットを定めること)」を行いました。 自分達の活動は誰に向けてのものなのかを深く考えるのはなかなか難しそうでしたが、先生方にも相談するなどして取り組んでいました。 どのグループも目の付け所が非常にユニークでした。 今学期の総合学習の時間は今日で終了しますが、冬休み中にも活動があるので、しっかり頑張ってください。
本日はグループマッチが開催されました。 種目はバレーボールと卓球とトランプです。 男子は午前にバレーボール、午後に卓球を行い、女子は午前に卓球、午後にバレーボールを行いました。 トランプは混合で行われました。 雨が降り気温も低く体育館も知今堂も寒かったですが、生徒は寒さをものともせず盛り上がっていました。 どの競技のどの試合も熱中しつつも楽しく取り組む様子が見られました。   グループマッチ終了後は、表彰と解団式が行われました。 解団式前には各グループ毎に集合し、グループ長らからの挨拶等がありました。 解団式では、グループ旗が返還されました。  
お昼休みに、3年生数名がスクールライフアドバイザーの先生にリース作りを教わっていました。 あすなろの木の茎と葉っぱを使って、どんどん飾り付けをしていました。 葉っぱを切ったりくっつけたりするのに時間がかかったようで、今日中には完成しませんでしたが、スクールライフアドバイザーの先生が次回来られた時に続きをするそうです。
森林環境科2年生の木工実技講習の様子です。 今日は、前回つけた印をもとに、穴を空けたりのこぎりで接合部分を作っていきました。 パーツをきっちり組み合わせるためには、大きさの微調整が必要であり、細かい調整をしていました。 ずれないように注意しつつ、集中して作業を行っていました。 機材を使って穴を空けるのですが、力が要るようで少し苦戦している生徒もいました。  
12/9(日)に行われた「久万高原聞き書きセミナー・成果発表会」に本校の生徒が参加しました。 7/11(土)に行われた、本校の生徒も参加した聞き書きセミナーの成果発表会となります。 成果発表会では、社会人や大学生達と一緒に発表を行っていました。 上高生は、地域の方にお話を伺った時に印象に残ったことをいくつか発表しました。 振り返りでは、自分が今まで知らなかったことを知る事ができた、「聞き書き」という今までやったことのないもので大変だったが、経験できて良かったというような感想が出てきていました。 貴重な体験ができたようなので、この成果発表会だけで終わらすこと無いよう生かしていくことでしょう。
12/8(土)に開催された「久万高原町人権啓発フェスティバル」に、吹奏楽部と人権委員が参加しました。 吹奏楽部は、オープニングでの演奏を務めました。 人権啓発を促すような荘厳な曲から、ご来場の方々が手拍子をしてくださるようなノリの良い曲等バラエティに富んでおり、会場を盛り上げました。 人権委員からは、上高の人権委員会の活動や人権デーでの活動内容についての発表がありました。 また、今後の人権デーでの取り組み予定や、人権デーの感想等についても発表していました。
午前からお昼にかけて、農業クラブ第2回総会各種発表大会及び収穫感謝祭が行われました。 第2回総会では、行事や会計の中間報告、農業クラブ役員改選結果報告等が行われました。 新農業クラブ役員は前に並び、会長からは抱負が語られました。 各種発表大会では、プロジェクト発表の部と意見発表の部に分かれていました。 プロジェクト発表の部では、トマト班が発表を行い、今年度の活動について分かりやすくまとめて発表していました。 意見発表の部では、Ⅰ類、Ⅱ類、Ⅲ類それぞれ各学年から1人ずつ発表していました。 自分がこれまで学んできたことや成長できたことについて発表していました。 各種発表大会が終了後、収穫感謝祭が行われました。 収穫感謝祭では、上高で育てた米や野菜やきのこを使ったカレーや、トマト班が作った上高特製ハヤシライスが振る舞われました。 生徒・先生方が一緒になって料理を堪能しました。
2018/12/06
久万小学校3年生と森林環境科2年生が、きのこ栽培の交流学習を行いました。 きのこ室に移動してきのこができるまでの説明が行われました。 小学生は、説明を聞きながら配られたプリントの穴埋めをしていきました。 一通り説明が終わった後、実際にきのこを培養している各部屋を見学してもらいました。 部屋によっては温度が高い部屋や湿度が高い部屋があり、どの部屋に入っても小学生は色々な反応を示していました。 きのこ室の見学が終わった後は教室に戻って、接種作業をするために手洗いとマスク・帽子の着用を行いました。 少しでも菌が入ると失敗してしまうと説明があったため、小学生は皆手を他のものに触れないように気をつけていました。 接種作業の説明が行われた後、高校生がサポートしながら作業が行われていきました。 菌が入らないようにと慎重に作業をしていました。 作業が終わると、名前を書いたシールを容器に貼りました。 今回は接種作業のみで、次回は菌かき作業を行う予定です。 最後はハイタッチしながら小学生を見送りました。 →久万小学校HP←
2018/12/06
全校朝礼で、新家庭クラブ役員の紹介が行われました。 役員からの自己紹介と、会長からの挨拶がありました。 また、今月の活動内容についても紹介がありました。 これから1年間活動を通して上高を盛り上げるよう頑張ってください。
2018/12/05
昼休みに黒板検査が各教室で行われました。 黒板の明るさや文字の見えやすさ等を検査するようです。 どの授業でもほぼ必ず黒板を使用するので、黒板の検査は大切です。
試験終了後に、避難訓練と未来の消防団員加入促進事業が行われました。 避難訓練では、放送や先生方の指示に従い、静かにかつ素早く体育館に避難することができました。 消防の方からも、避難の仕方や体育館での集合についてお褒めいただきました。 未来の消防団員加入促進事業では、消防団についての活動紹介、消防団員さんのお話、ホース等の器具を使った体験がありました。 活動紹介では、DVDを利用して分かりやすく説明していただきました。 消防団員さんのお話は、消防団に入ったきっかけや、今までの活動履歴についてお話いただきました。 器具を使った体験では、最初に説明をしていただいた後、10人程度の生徒が実際に消火までの流れを体験しました。 給水機にホースをつけたり、巻いてあるホースを伸ばすために投げ、伸ばしたホースに放水する器具をつけて放水準備をしたりする等、一連の流れを体験することができました。
期末考査4日目です。 試験が終わって、お昼ご飯を食べた後に勉強に取り組んでいます。 1年生は化学室に集まって勉強しているようです。 明日が最終日なので、最後まで頑張りましょう。
期末考査2日目です。 続々と提出物が出てきています。 明日の試験が終われば折り返しになるので、明日の試験も気を抜かずに頑張りましょう。
今日から期末考査が始まりました。 土日休みを挟みますが、12/4(火)まで試験が続きます。 まだ先は長いですが、頑張っていきましょう。
お昼休みに、玄関前で全生徒・先生方が集まって集合写真を撮影しました。 整列している時の様子です。 本校の三階から撮影してもらいました。 一体どんな写真になっているか気になりますね。
森林環境科2年生の木工実技講習の様子です。 専門の方をお呼びして、今日から複数回に分けて指導していただきます。 木工実技講習では、イスの製作を行っていきます。 今回は、まず木材の説明や材料への印のつけ方の説明がありました。 木表や木裏の判断の仕方など、その他にも難しいことも多かったですが生徒はしっかりと説明を聞いていました。 その後、各テーブル毎に材料の確認と印つけを行っていきました。 材料をぴったり固定させたり正確に印をつけたりするのが難しそうでした。  
2年生の総合学習の時間で、SDGs学習を行いました。 今回は「結成・設定・聞く」というテーマで活動を行いました。 前回の活動で自分達が出したテーマをもとに、3人のグループを「結成」しました。 グループ結成後、どんなテーマで活動するか考えて「設定」していきました。 可能な限り、テーマを聞いて内容が想像しやすいものにするよう、自分達だけでなくみんなにも分かりやすくなるよう考えていました。 設定をした後は、それを実現するためにどこに何を「聞く」のか考えてました。 実現するために必要なことをリストアップしてからどこに聞きに行くか考えていました。 今後は今日組んだグループで活動していくことになるようです。
HRの時間に3年生を対象とし、専門の方をお招きして「こころの講座」を開催しました。 青年期の心の状態や発達課題について、精神疾患の特徴などについてお話していただきました。 自分達が成長に向けてどういう状態なのかを客観的に学ぶことができ、また精神疾患についても、多くの種類があることを学ぶことができていました。 また、最後には久万の保健センターの方から、相談場所の案内などもしていただきました。
森林環境科カホンプロジェクトチームが、2019/2/16(土)に行われる「木育サミットin徳島」に参加します。 カホンプロジェクトチームは、分科会の②「持続可能な地球の未来を担うSDGs/高校生が木育視点から向き合う」に参加します。 詳しくは、こちらをクリックしていただくか、ホームページトップ画面のリンクから専用ページにてご覧ください。
カホンプロジェクトチームが、2019/2/16(土)に開催される「木育サミットin徳島」に参加します。 カホンプロジェクトチームは、分科会②「持続可能な地球の未来を担うSDGs/高校生が木育視点から向き合う」に参加します。 詳しくは、こちらをクリックして専用ページにてご覧ください。 また、トップ画面にもリンクを用意しておりますので、そちらからもご覧になれます。
保育所訪問 発達と保育選択生5人で久万子ども園を訪問しました。今回の訪問では、自分たちが授業で製作したフェルトを使ったパズルと絵本を持っていきました。2歳児さんたちのクラスでそれらのおもちゃを使って一緒に遊びました。興味津々な子どももいれば、自分の好きなおもちゃを持ってきて遊ぶ子どももいました。フェルトのパズルをプレゼントして帰りました。  
12/15(土)に、第2回上高カルチャースクールを開催します。 今回は2つの講座が用意されております。 A講座は「松ぼっくりでミニツリーを作ろう!」という季節にマッチした講座で、B講座は「久万産大豆で豆腐を作ろう!」という地域の産物を生かした食べ物作りの講座となっております。 詳しくはこちらをクリックしていただくか、トップページ中央部のバナーからご覧ください。
12/15(土)に上高カルチャースクールを開催します。 今回はA講座「松ぼっくりでミニツリーを作ろう!」、B講座「久万産大豆で豆腐を作ろう!」の2つの講座があります。 参加申込や具体的な日時については、こちらをクリックしていただくか、トップページ中央部のバナーからご覧ください。
森林環境科の2年生と久万小学校4年生が交流学習を行い、大根の収穫から甘酢漬け作りを行いました。 以前一緒に植えた大根の畑に行き、1人最大2本ほど収穫しました。 事前に説明があったように、小学生は大根を折らないようまっすぐ引っこ抜くように注意し、高校生は小学生が大根をつかみやすいように葉っぱをのけたりするなどのフォローをしました。 大根は元気に育っておりサイズも大きく、小学生が何人か重たいと言っていました。 収穫後は、大根の葉っぱを切って大根を洗いました。 泥が落ちるように丁寧に洗っていました。 洗った後は、大根の甘酢漬け作りを始めていきました。 まずは大根を半分に切った後、ピーラーで皮をむきました。 皮をむいた後は、長さ5cm幅1cmぐらいの感覚で大根を切っていきました。 小学生は、高校生に大根をおさえてもらったりしながら切っていき、みんなサイズを考えながら上手に切っていました。 大根を切った後は、漬物の容器に各班の大根を入れて、砂糖・塩・お酢を入れました。 大量に作るため砂糖を一袋以上入れるのを見て、小学生は量の多さに驚いていました。 その後、種まきから育っていく過程を小学生に説明しました。 芽が出...
2年2組Aコース「音楽Ⅱ」の授業の様子です。 トーンチャイムによる演奏の練習をしていました。 トーンチャイムとは、ハンドベルに似たような楽器で、ハンドベルを少し鉄琴系に寄せたような音色がします。 トーンチャイムもハンドベルと同じように音階が決まっており、一人一音又は二音を担当して演奏します。 音色が合うのとクリスマスシーズンということから、「ジングルベル」を練習していました。 まだ始めたばかりのようですが、一通り演奏はできていました。 まだ他に何曲か演奏できるように練習していくようです。
保健だより11月号更新しました。 ↑の画像をクリックしていただくか、画面上部(スマホの場合はホーム画面の学校名上部にあるタブをタップ)のお便りからご覧になれます。 フルカラーで掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
11/18(日)の愛媛県高等学校総合文化祭に、郷土芸能部、吹奏楽部、日本文化研究部、報道部が参加しました。 吹奏楽部は、「Brilliant Dances」を演奏しました。 練習よりもさらに完成度が上がっており、ホールに凜とした音色を響かせました。 郷土芸能部は、上高の文化祭の時よりさらに迫力を増していました。 舞台の広さを生かし、力強さを十分に表現していました。 郷土芸能部は、奨励賞を受賞することができました。
上高通信11月号更新しました。 ↑の画像をクリックしていただくか、画面上部(スマホの場合はホーム画面の学校名上部にあるタブをタップ)のお便りからご覧になれます。 フルカラーで掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
2年生の総合学習の時間で、SDGs学習を行いました。 今回は今まで学習してきたことをもとに、「ココカラハジメル、イマカラハジメル」というテーマで「えんたくん」を使って話し合いました。 久万高原町は今はこうだけど、ゆくゆくはこうなって欲しいということを中心に話し合いが行われ、どの班でも活発的に意見を出し合っていました。 発表では、商店街が活性化して欲しいといった意見や、サイクリングロードを久万にもという意見等、様々な意見が飛び交いました。 発表後は、自分達が久万で・久万に・久万から何をしたいかを考えました。  
7限目に人権・同和教育に関するHR活動の公開授業が、1年1組と1年2組で行われました。 1組は児童虐待についてでした。 児童虐待の定義や相談件数についてのお話があり、その後児童虐待が起きてしまう原因について2つの班に分かれて話し合いました。 どちらの班も積極的に話し合っており、経済的に困窮している・自分がされてきたから等様々な原因を発表しました。 最後は、児童虐待を許さない社会をつくるために自分達に出来ることを考えました。 2組は、いじめについてでした。 自分がされて嬉しいことと嫌なことを班ごとに話し合い、発表しました。 その後、代表の生徒が前に出て、修学旅行の班決めで1人だけあぶれてしまう「仲間はずれ」のロールプレイを行いました。 そのロールプレイを見て、感想や自分がグループの中にいたらどうするかを考えました。 考えた後、いじめの構造について先生から説明があり、自分達のクラスが安心・安全に過ごせるようにするためにどうするかを各自で考えました。
2018/11/15
全校朝礼で、表彰伝達と先生からのお話がありました。 表彰伝達は、生物多様性高校生チャレンジシップ等5つの表彰が行われました。 先生からのお話は、これまでの自分の経験についてでした。 教員になるまでのお話で、自分の弱点と向き合うことの大切さについて語られました。
郷土芸能部の様子です。 普段は林業教棟で練習していますが、今日は体育館で練習しています。 体育館なので、音がよく響き渡っていました。 今週末18日(日)に高文祭があるので、それに向けて十分気合いのこもった練習でした。 体育館で部活をしているバドミントン部が様子を見学しており、迫力に圧倒されていました。 高文祭でも頑張ってください。
森林環境科3年生の実習の様子です。 池ノ峠で専門の方が林道の開設をされている所にお邪魔し、重機の扱い方を教わったり抜倒作業を行いました。 重機は、専門の方が隣で指導してくださる形で、実際に操縦しました。 教えてもらいながらではありますが、皆上手に操縦していました。 また、少し離れた場所で抜倒作業を行いました。 こちらも、専門の方に受け口の切り方等を指導してもらいながら行いました。 傾斜が大きく少し滑りやすい足場でしたが、自分の立ち位置等をしっかり確保して作業に取り組んでいました。 大きな木が倒れていく様は非常に圧倒的であり、同時に作業の危険さも感じられました。 最後には、倒れている木の枝を切る作業もしました。 どの作業もミスをすれば命の危険があるような作業ばかりでしたが、皆安全に作業に取り組めていました。
先日11/12(月)、森林環境科トマト班が、研究の一環で西予市城川町遊子川にある遊子川公民館を訪れました。 遊子川では「リコピンズ」という地元の方々で構成された団体が、地元のトマトを使った活動を行っており、その内容について勉強するためです。 公民館の方と「リコピンズ」の代表の方にお話していただき、遊子川についてや活動を始めた経緯等について教えていただきました。 商品開発で難しかったことやいくつもの障害についてたくさん教えてくださり、生徒も熱心に話を聞いていました。 トマトをPRするために、いろいろな方に協力を仰いで自主映画の作成も行ったとの事で、その話を聞いて皆驚いていました。 また、質疑応答ではこちらからの質問だけでなく、向こう側から質問していただくこともあり、これまでの研究活動について生徒が説明しました。 お昼は、「食堂ゆすかわ」にて日替わり定食をいただきました。 トマトはもちろんのこと、地元の野菜を使った料理ばかりで絶品でした。 「リコピンズ」が商品開発したトマトゆずポン酢等やドレッシングも味あわせていただきました。 昼食後は、施設見学をしました。 商品をどのように作っているのか丁寧に説明...
2018/11/10
全体発表終了後、展示や出店を回るフリータイムとなりました。 1年生は喫茶、2年生は沖縄と縁日が体験出来る展示、3年生はタピオカドリンクとたこ焼き販売、森林環境科は野菜・きのこ・木工品販売を行いました。 PTAバザーでは焼き鳥・フライドポテト販売、家庭クラブはクッキー・アップルパイ販売を行いました。 たこ焼きと焼き鳥・フライドポテト販売は中央通路で行われていましたが、大人気で長蛇の列が出来ていました。 また、日本文化研究部がお茶席を開催していました。 知今堂では、先生方の思い出の品コーナーや歴代上高卒業アルバムをはじめ、たくさんの展示がありました。 また、お昼前には餅まきが行われ、多くの方に参加していただきました。 昼食には、先日のトマトイベントにて出展された上高特製ハヤシライスが出されていました。 午後からは、体育館で生徒有志発表が行われ、報道部が作品上映をし、3年生が歌やダンスを披露しました。 報道部はコンテストに出展する作品のため完成度が高く、また3年生は普段見られない一面を見せてくれました。 今年の文化祭も大いに盛り上がっていました。 ご来校いただいた方々、ありがとうございました。
文化祭の全体発表が行われました。 音楽選択生の発表から始まりました。 ピアノの連弾や、少人数での合唱等、見所がたくさんありました。 次に、1年1組、1年2組、2年2組の合唱が行われました。 どのクラスも息の合った合唱となっていました。 次に、報道部の映像作品が放映されました。 学校の制服について取り上げた作品となっており、非常にクオリティの高い作品でした。 次に、郷土芸能部による久万五神太鼓の発表が行われました。 太鼓とパフォーマンスの力強さで、会場を圧倒しました。 最後は、吹奏楽部の演奏でした。 来週高文祭で行う曲から、皆が楽しみやすい曲まで様々な演奏が行われました また、たくさんの先生方がコラボレーションし、会場は大いに盛り上がりました。
昼休みに、久万幼稚園の園児が来校しました。 日ごろ交流学習で一緒に活動している森林環境科の1年生に、普段のお礼に園児達が作ったお菓子を持ってきてくれました。 園児が来校することは誰も知らないので、教室に現れた時には非常に驚いていました。 その場でお菓子をプレゼントされ、1年生は皆喜んでいました。 園児のサプライズ訪問は大成功でした。
2018/11/09
明日の文化祭に向けて会場準備が行われています。 そこかしこで先生と生徒が慌ただしく動いています。 午後からはも、係別の準備があるようです。
2018/11/08
HRの時間を使って、文化祭の準備を行っていました。 明日午後から本格的な文化祭準備を行いますが、今日から少しずつ準備を進めているようでした。 特に展示系は手が込んでいるようで、準備に時間がかかるようです。 どんな展示になるのか楽しみです。
2018/11/07
職員室前に、苔玉が置かれています。 サイズが違ったり挿してある草の種類が違ったりと、それぞれ個性が見られます。 この苔玉は、森林環境科3年生が実習で作った物だそうです。 それぞれに名前が書いてあり、個性的な名前の物もいくつか見られます。 文化祭でご来校される際には、ぜひご覧ください。
午後からマラソン大会が行われました。 男子7km、女子5kmです。 男子からスタートし、10分遅れで女子がスタートしました。 男子は校内を2周してから、女子はそのまま校外に出て、折り返し地点を目指しました。 最初は折り返し地点に到着するのは男子が目立っていましたが、後半になると女子が追い上げて男子を追い抜く姿も見られました。 沿道では地域の方々からご声援をいただき、その声援で気力を持ち直した様子の生徒が多かったようです。 ゴール付近でもご声援をいただき、最後の力を振り絞ってゴールに向かっていました。 閉会式では、男女共に上位10位入賞者が表彰されました。 今日は見事な晴天で少し気温も高かったので、マラソン後の体調管理には気をつけましょう。
上浮穴高校文化祭についてのお知らせです。 日時:平成30年11月10日(土曜日) 場所:上浮穴高等学校 〇全体発表・展示 吹奏楽部による演奏、久万五神太鼓、ドイツ研修 ほか 〇イベント各種 もちつき、アロマ、カホン、沖縄ワールド ほか 〇バザー各種 木工品・花・苗・シメジ、ハヤシライス、焼き鳥、フライドポテト アップルパイ、たこ焼き ほか お時間のある方は、ぜひご来校ください。
森林環境科トマト班が、自分達で企画した11/3(土)・11/4(日)のトマトPRイベントで奔走しました。 11/3(土)は、11/4(日)にハヤシライスを作るための材料準備や、イベント参加店舗にのぼり旗を届けたりPR活動を行ったりしました。 11/3(土)のイベント参加店舗はkumacafeとレストランさんさんの2店舗でしたが、どちらも満席状態がずっと続いていました。 また、新聞記事を見て来られた方や、PR活動をしているさいにのぼりが気になり、直接何をしているのか話を聞きに来てくださる方もいらっしゃいました。 11/4(日)は、ハーバルライフの会場だったこともあり、たくさんの方に来ていただきました。 トマト班は、研究活動でいつもお世話になり、また今回のイベントを考えるきっかけとなったともいえるFFTさんに協力してもらい、協同でハヤシライスを販売しました。 自分達のハヤシライスの販売だけでなく、FFTさんのトマトジュース「赤のげんき」についての説明等もしっかりお手伝いしました。 また、途中のぼり旗を持参して全体へのPR活動も行いました。 今回のトマトPRイベントは初めてのことだったので反省点ももちろんありますが、トマト班の皆さんはこれか...
明日あさって11/3(土)・11/4(日)は、森林環境科トマト班が企画したトマトPRイベントが行われます。 参加店舗にはこちらののぼり旗がありますので、目印にしてください。 参加店舗については、ホームページトップ画面右側にあるバナーをクリックしてもらえると、イベントページに案内されるので、そちらをご覧ください。 お時間がある方は、ぜひ足をお運びください。
森林環境科3年生の「森林野外」の様子です。 食物室にて豆腐作りを行いました。 まず最初に、大豆をミキサーで液体状にし、鍋で煮詰めていきました。 煮詰める際にはアクが出るので、丁寧にアク取りをしていました。 ある程度煮詰めてから、にがりを混ぜてました。 温度を適切に管理しつつ、こげたり固まったりしないように混ぜ続けるのが少し大変そうでした。 しっかり煮詰めてからは、穴の開いた木の箱に入れ、水分を抜いていきました。 水分を抜いた後は、水をはったボウルの中で豆腐を取り出しました。 とてもきれいな豆腐が出来上がっており、味も美味しかったようです。
カホン製作ワークショップを上高文化祭で行います! 時間は13:00~ 場所は会議室となっています。 当日の飛び入り参加も可能ですが、限定20個とさせていただきますので、「絶対に作りたい!」という方は電話またはE-mailにてお申し込みください。なお、製作料は無料です。 電話 0892-21-1205(上浮穴高校:担当秋本)E-mail kamiukena.forest@gmail.com
中津での学習を思い出しつつ、SDGsの観点を紐付けしていきました。 観点ごとのグループ化やつながりについて、最初はなかなか考えづらそうにしていましたが、1つ浮かぶと連鎖的に考えていくことができていました。 班毎で捉え方が異なっており、苦戦していた班も終了時には様々な考えが出てきていました。 班毎での活動が終わった後は、自分なりに中津をSDGsの観点で紐付けして説明する活動をしていきました。 個人の活動時には、班毎で考えたものと違う形にしようとする生徒が多くいました。
2018/11/01
久万小学校2年生と森林環境科1年生が、大学芋作りをしました。 大学芋を作る前に、小学生がエプロンや三角巾を着ける手伝いをしたり、さつま芋についてのクイズをしました。   それから、先生による注意や作り方を聞き、手順どおりに取り組んでいきました。 さつま芋を切る時は怪我をしないよう、高校生がしっかりサポートしました。   切り終わってからはアク抜きのために水につけて、10分程待ってから水をしっかり切り、調味料を準備しておいたフライパンに並べていきました。 中火で蓋をしてしっかり火を通した後、最後の仕上げで高校生と小学生が一緒に炒めました。   各班それぞれ美味しそうな大学芋が完成し、皆で試食をしました。 今日作った大学芋は、小学校に持って帰ってもらいました。 小学生からは、「高校生のお兄ちゃんお姉ちゃんが優しく教えてくれた」、「一緒に楽しく作れた」という感想をいただきました。 帰りはハイタッチしながら見送りました。   →久万小学校HP←
連日入試に向けて面接練習をしている生徒の姿が多く見られます。 面接練習後は、先生から多くのアドバイスをもらい、ノートにメモをしています。   また、志望理由等をより洗練するために、いろいろな先生に相談したり、悩んだりしながら取り組む姿もよく見られます。  
1年2組の「音楽」の様子です。 前半は、「絵本と音楽」についてでした。 英語の絵本でしたが、歌詞にするためにどういう風に翻訳されるのかや、リズムや音楽をつけることで子どもが参加できる歌にもなることを学んでいました。 また、実際の子どもとの掛け合いの様子を映像で紹介されていました。 後半は、文化祭に向けての合唱曲の練習でした。 授業が終わる10分前に他の教科の先生が聞きに来られるということで、一通り練習して声出しや流れの確認をしました。 他の教科の先生が来られた時にはしっかり準備ができており、披露した際には非常に好評でした。
10/27(土)森林環境科クロモジ研究班が、クロモジ体験スクールを行いました。 まず最初に、参加者にこれまでのクロモジ研究の成果を発表しました。  研究成果の発表後、クロモジの採取の為に山へ出発しました。 現地でクロモジの見分け方等について説明を行った後、実際に参加者に採取してもらいました。 参加者の中には大きな枝を採取される方もいらっしゃいました。  クロモジ採取体験後は、クロモジ研究で使用している久万高原町の湧き水を見学しに行きました。 湧き水を実際に飲まれる参加者もいらっしゃいました。  学校に帰ってからは、枝の粉砕作業を見学してもらいました。 採取する時とは違った香りを体験してもらいました。  粉砕作業後は、クロモジオイルを抽出する蒸留作業を見学してもらい、お昼休憩に移りました。  お昼休憩後は、クロモジ石鹸作りを体験してもらいました。 袋詰め作業まで一通り体験してもらいましたが、袋詰めで少し苦戦される方もいらっしゃいました。 最後に、蒸留作業により抽出されたクロモジオイルの香りを体験もらいました。 体験スクール後の感想では、香りが好みだったという方や、クロモジの魅力についていろいろなことを学べ...
森林環境科のトマト班が、研究の一環として久万高原町トマトPRイベントを企画しました。   詳細については、ホームページトップ画面右側のバナーをクリックすると、イベントページにご案内しますので、そちらでご覧ください。 イベントは11/3(土)・11/4(日)開催で、トマト班は11/4(日)に特製ハヤシライスを出展する予定です。 ※追記※ こちらのイベントは終了致しました。 ご協力いただいた方々、ご参加いただいた方々、ありがとうございました。