上高日記

上高通信11月号

上高通信11月号更新しました。

↑の画像をクリックしていただくか、画面上部(スマホの場合はホーム画面の学校名上部にあるタブをタップ)のお便りからご覧になれます。

フルカラーで掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

SDGs学習~デニカラ~

2年生の総合学習の時間で、SDGs学習を行いました。

今回は今まで学習してきたことをもとに、「ココカラハジメル、イマカラハジメル」というテーマで「えんたくん」を使って話し合いました。

久万高原町は今はこうだけど、ゆくゆくはこうなって欲しいということを中心に話し合いが行われ、どの班でも活発的に意見を出し合っていました。

発表では、商店街が活性化して欲しいといった意見や、サイクリングロードを久万にもという意見等、様々な意見が飛び交いました。

発表後は、自分達が久万で・久万に・久万から何をしたいかを考えました。

 

人権・同和教育に関するHR活動(1年生)

7限目に人権・同和教育に関するHR活動の公開授業が、1年1組と1年2組で行われました。

1組は児童虐待についてでした。

児童虐待の定義や相談件数についてのお話があり、その後児童虐待が起きてしまう原因について2つの班に分かれて話し合いました。

どちらの班も積極的に話し合っており、経済的に困窮している・自分がされてきたから等様々な原因を発表しました。

最後は、児童虐待を許さない社会をつくるために自分達に出来ることを考えました。

2組は、いじめについてでした。

自分がされて嬉しいことと嫌なことを班ごとに話し合い、発表しました。

その後、代表の生徒が前に出て、修学旅行の班決めで1人だけあぶれてしまう「仲間はずれ」のロールプレイを行いました。

そのロールプレイを見て、感想や自分がグループの中にいたらどうするかを考えました。

考えた後、いじめの構造について先生から説明があり、自分達のクラスが安心・安全に過ごせるようにするためにどうするかを各自で考えました。

全校朝礼

全校朝礼で、表彰伝達と先生からのお話がありました。

表彰伝達は、生物多様性高校生チャレンジシップ等5つの表彰が行われました。

先生からのお話は、これまでの自分の経験についてでした。

教員になるまでのお話で、自分の弱点と向き合うことの大切さについて語られました。

部活動の様子

郷土芸能部の様子です。

普段は林業教棟で練習していますが、今日は体育館で練習しています。

体育館なので、音がよく響き渡っていました。

今週末18日(日)に高文祭があるので、それに向けて十分気合いのこもった練習でした。

体育館で部活をしているバドミントン部が様子を見学しており、迫力に圧倒されていました。

高文祭でも頑張ってください。

実習の様子

森林環境科3年生の実習の様子です。

池ノ峠で専門の方が林道の開設をされている所にお邪魔し、重機の扱い方を教わったり抜倒作業を行いました。

重機は、専門の方が隣で指導してくださる形で、実際に操縦しました。

教えてもらいながらではありますが、皆上手に操縦していました。

また、少し離れた場所で抜倒作業を行いました。

こちらも、専門の方に受け口の切り方等を指導してもらいながら行いました。

傾斜が大きく少し滑りやすい足場でしたが、自分の立ち位置等をしっかり確保して作業に取り組んでいました。

大きな木が倒れていく様は非常に圧倒的であり、同時に作業の危険さも感じられました。

最後には、倒れている木の枝を切る作業もしました。

どの作業もミスをすれば命の危険があるような作業ばかりでしたが、皆安全に作業に取り組めていました。

休日の活動

先日11/12(月)、森林環境科トマト班が、研究の一環で西予市城川町遊子川にある遊子川公民館を訪れました。

遊子川では「リコピンズ」という地元の方々で構成された団体が、地元のトマトを使った活動を行っており、その内容について勉強するためです。

公民館の方と「リコピンズ」の代表の方にお話していただき、遊子川についてや活動を始めた経緯等について教えていただきました。

商品開発で難しかったことやいくつもの障害についてたくさん教えてくださり、生徒も熱心に話を聞いていました。

トマトをPRするために、いろいろな方に協力を仰いで自主映画の作成も行ったとの事で、その話を聞いて皆驚いていました。

また、質疑応答ではこちらからの質問だけでなく、向こう側から質問していただくこともあり、これまでの研究活動について生徒が説明しました。

お昼は、「食堂ゆすかわ」にて日替わり定食をいただきました。

トマトはもちろんのこと、地元の野菜を使った料理ばかりで絶品でした。

「リコピンズ」が商品開発したトマトゆずポン酢等やドレッシングも味あわせていただきました。

昼食後は、施設見学をしました。

商品をどのように作っているのか丁寧に説明してもらいました。

今回の視察では、公民館の方や「リコピンズ」の代表の方がトマト班の活動についてエールを送ってくださいました。

これからも引き続き頑張っていきましょう。

→「リコピンズ」、「食堂ゆすかわ」←

文化祭

全体発表終了後、展示や出店を回るフリータイムとなりました。

1年生は喫茶、2年生は沖縄と縁日が体験出来る展示、3年生はタピオカドリンクとたこ焼き販売、森林環境科は野菜・きのこ・木工品販売を行いました。

PTAバザーでは焼き鳥・フライドポテト販売、家庭クラブはクッキー・アップルパイ販売を行いました。

たこ焼きと焼き鳥・フライドポテト販売は中央通路で行われていましたが、大人気で長蛇の列が出来ていました。

また、日本文化研究部がお茶席を開催していました。

知今堂では、先生方の思い出の品コーナーや歴代上高卒業アルバムをはじめ、たくさんの展示がありました。

また、お昼前には餅まきが行われ、多くの方に参加していただきました。

昼食には、先日のトマトイベントにて出展された上高特製ハヤシライスが出されていました。

午後からは、体育館で生徒有志発表が行われ、報道部が作品上映をし、3年生が歌やダンスを披露しました。

報道部はコンテストに出展する作品のため完成度が高く、また3年生は普段見られない一面を見せてくれました。

今年の文化祭も大いに盛り上がっていました。

ご来校いただいた方々、ありがとうございました。

文化祭全体発表

文化祭の全体発表が行われました。

音楽選択生の発表から始まりました。

ピアノの連弾や、少人数での合唱等、見所がたくさんありました。

次に、1年1組、1年2組、2年2組の合唱が行われました。

どのクラスも息の合った合唱となっていました。

次に、報道部の映像作品が放映されました。

学校の制服について取り上げた作品となっており、非常にクオリティの高い作品でした。

次に、郷土芸能部による久万五神太鼓の発表が行われました。

太鼓とパフォーマンスの力強さで、会場を圧倒しました。

最後は、吹奏楽部の演奏でした。

来週高文祭で行う曲から、皆が楽しみやすい曲まで様々な演奏が行われました

また、たくさんの先生方がコラボレーションし、会場は大いに盛り上がりました。

サプライズ訪問!

昼休みに、久万幼稚園の園児が来校しました。

日ごろ交流学習で一緒に活動している森林環境科の1年生に、普段のお礼に園児達が作ったお菓子を持ってきてくれました。

園児が来校することは誰も知らないので、教室に現れた時には非常に驚いていました。

その場でお菓子をプレゼントされ、1年生は皆喜んでいました。

園児のサプライズ訪問は大成功でした。

会場準備

明日の文化祭に向けて会場準備が行われています。

そこかしこで先生と生徒が慌ただしく動いています。

午後からはも、係別の準備があるようです。

準備中

HRの時間を使って、文化祭の準備を行っていました。

明日午後から本格的な文化祭準備を行いますが、今日から少しずつ準備を進めているようでした。

特に展示系は手が込んでいるようで、準備に時間がかかるようです。

どんな展示になるのか楽しみです。

職員室前

職員室前に、苔玉が置かれています。

サイズが違ったり挿してある草の種類が違ったりと、それぞれ個性が見られます。

この苔玉は、森林環境科3年生が実習で作った物だそうです。

それぞれに名前が書いてあり、個性的な名前の物もいくつか見られます。

文化祭でご来校される際には、ぜひご覧ください。

マラソン大会

午後からマラソン大会が行われました。

男子7km、女子5kmです。

男子からスタートし、10分遅れで女子がスタートしました。

男子は校内を2周してから、女子はそのまま校外に出て、折り返し地点を目指しました。

最初は折り返し地点に到着するのは男子が目立っていましたが、後半になると女子が追い上げて男子を追い抜く姿も見られました。

沿道では地域の方々からご声援をいただき、その声援で気力を持ち直した様子の生徒が多かったようです。

ゴール付近でもご声援をいただき、最後の力を振り絞ってゴールに向かっていました。

閉会式では、男女共に上位10位入賞者が表彰されました。

今日は見事な晴天で少し気温も高かったので、マラソン後の体調管理には気をつけましょう。

休日の活動(トマト班を中心に)

森林環境科トマト班が、自分達で企画した11/3(土)・11/4(日)のトマトPRイベントで奔走しました。

11/3(土)は、11/4(日)にハヤシライスを作るための材料準備や、イベント参加店舗にのぼり旗を届けたりPR活動を行ったりしました。

11/3(土)のイベント参加店舗はkumacafeとレストランさんさんの2店舗でしたが、どちらも満席状態がずっと続いていました。

また、新聞記事を見て来られた方や、PR活動をしているさいにのぼりが気になり、直接何をしているのか話を聞きに来てくださる方もいらっしゃいました。

11/4(日)は、ハーバルライフの会場だったこともあり、たくさんの方に来ていただきました。

トマト班は、研究活動でいつもお世話になり、また今回のイベントを考えるきっかけとなったともいえるFFTさんに協力してもらい、協同でハヤシライスを販売しました。

自分達のハヤシライスの販売だけでなく、FFTさんのトマトジュース「赤のげんき」についての説明等もしっかりお手伝いしました。

また、途中のぼり旗を持参して全体へのPR活動も行いました。

今回のトマトPRイベントは初めてのことだったので反省点ももちろんありますが、トマト班の皆さんはこれからの活動の糧にしていくことだろうと思います。

今回イベントに賛同しご協力していただいた方々、ありがとうございました。

また、今回のトマトのPRイベントとは別になりますが、ハーバルライフでは、カホンプロジェクトメンバーが演奏を行いました。

森フェスの時と同じく、今回もオカリナとのコラボ演奏がありました。

トマト班同様に、自分達の研究活動の周知や地域への貢献・呼びかけを目的に様々なところで積極的に活動を行っております。

他の森林環境科の生徒もFFTさんの隣にブースを構え、木工品販売を行っていました。

11/3(土)、11/4(日)について

明日あさって11/3(土)・11/4(日)は、森林環境科トマト班が企画したトマトPRイベントが行われます。

参加店舗にはこちらののぼり旗がありますので、目印にしてください。

参加店舗については、ホームページトップ画面右側にあるバナーをクリックしてもらえると、イベントページに案内されるので、そちらをご覧ください。

お時間がある方は、ぜひ足をお運びください。

※追記※

イベントページにて出展日の記載に誤りがありましたので、訂正致しました。

両日出展→kumacafe、さんさんレストラン

4日のみ出展→和蔵一畳庵、上高ハヤシライス、軽食・喫茶あん、移住交流カフェ「くまターンズ」

授業の様子

森林環境科3年生の「森林野外」の様子です。

食物室にて豆腐作りを行いました。

まず最初に、豆腐をミキサーで液体状にし、鍋で煮詰めていきました。

煮詰める際にはアクが出るので、丁寧にアク取りをしていました。

ある程度煮詰めてから、にがりを混ぜてました。

温度を適切に管理しつつ、こげたり固まったりしないように混ぜ続けるのが少し大変そうでした。

しっかり煮詰めてからは、穴の開いた木の箱に入れ、水分を抜いていきました。

水分を抜いた後は、水をはったボウルの中で豆腐を取り出しました。

とてもきれいな豆腐が出来上がっており、味も美味しかったようです。

総合学習2年生

中津での学習を思い出しつつ、SDGsの観点を紐付けしていきました。

観点ごとのグループ化やつながりについて、最初はなかなか考えづらそうにしていましたが、1つ浮かぶと連鎖的に考えていくことができていました。

班毎で捉え方が異なっており、苦戦していた班も終了時には様々な考えが出てきていました。

班毎での活動が終わった後は、自分なりに中津をSDGsの観点で紐付けして説明する活動をしていきました。

個人の活動時には、班毎で考えたものと違う形にしようとする生徒が多くいました。

交流学習

久万小学校2年生と森林環境科1年生が、大学芋作りをしました。

大学芋を作る前に、小学生がエプロンや三角巾を着ける手伝いをしたり、さつま芋についてのクイズをしました。

 

それから、先生による注意や作り方を聞き、手順どおりに取り組んでいきました。

さつま芋を切る時は怪我をしないよう、高校生がしっかりサポートしました。

 

切り終わってからはアク抜きのために水につけて、10分程待ってから水をしっかり切り、調味料を準備しておいたフライパンに並べていきました。

中火で蓋をしてしっかり火を通した後、最後の仕上げで高校生と小学生が一緒に炒めました。

 

各班それぞれ美味しそうな大学芋が完成し、皆で試食をしました。

今日作った大学芋は、小学校に持って帰ってもらいました。

小学生からは、「高校生のお兄ちゃんお姉ちゃんが優しく教えてくれた」、「一緒に楽しく作れた」という感想をいただきました。

帰りはハイタッチしながら見送りました。

 

→久万小学校HP←

入試に向けて

連日入試に向けて面接練習をしている生徒の姿が多く見られます。

面接練習後は、先生から多くのアドバイスをもらい、ノートにメモをしています。

 

また、志望理由等をより洗練するために、いろいろな先生に相談したり、悩んだりしながら取り組む姿もよく見られます。