くまたん

 

上浮穴高校の総合的な探究の時間は、“”未来を創る”をテーマに「くまたん」をしています。

詳しくはこちらのpdfをご覧ください

ゆりラボさんがきてくれました

2024年4月30日 10時01分
2年生

2年生のくまたんに「ゆりラボ」から酒井さん矢野さんがと矢野さんが来てくださいました。

「ゆりラボ」は、久万高原町の地域課題を解決する様々なプロジェクトを手掛ける官民協働プラットフォームをめざす存在。
上高生のやりたいこともたくさん応援してくれる、とても頼りになる存在の方々です。

2年生は1年かけてくまたんで取り組む課題をみつけています。
今回は、「自分が久万高原町でやりたいこと」を具体化していく作業でした。
キーワードが2つ与えられました。
1.自分たちの構想を具体化していく中で、誰に会いたいか(話をききたい・相談したい)を考える。
2.自分たちのとりくみで、喜ぶ人が誰なのかを考える。

それぞれのチームの話し合いに先生&ゆりラボ(酒井さん・矢野さん)が入ることで、生徒だけではない気づきがたくさんあったようで、
今日の発表にはこれからの活動に期待したくなる意見がいっぱい聞けました。

IMG_0114IMG_0116

探究脳を育てるチャレンジ

2024年4月22日 10時40分
3年生

3年生は、昨年取り組んだ5つの班ごとの課題「アート・防災・飲食・教育・グッズ」を1学期の間は深堀していく予定です。

そのために必要なのは「探究スキル」。課題に気づき、解決する力です。
今日の授業では「StudyValley」のプログラムにチャレンジして、「探究スキル」を育ててみました。
今日のくまたん、ワクワクできたかな。

IMG_3699IMG_3701

くまたんスタート

2024年4月16日 14時00分
1年生

今年度のくまたんがスタート

1年生は初めての「くまたん」には
「畑野川の里づくりグループ事務局長」の藤目節夫先生がきて、「里づくり」についてをお話しくださいました。

住んでいる場を誇りに思うことこそ、里づくりにつながると、
花を植えたり、竹灯篭まつりをしたり、森を作ったり・・・
無い物に目を向けるよりも、できることを探して実践している先生は、私たちが「くまたん」を通して目指したいカタチのひとつだと思いました。

自分自身を成長させ、地域課題を克服するべく、「くまたん」積極的に取り組んでいきましょう!

スクリーンショット 2024-05-02 15.17.40のコピースクリーンショット 2024-05-02 15.19.08のコピー