新着
午後からドイツ研修発表会並びに森林・林業に関する講演会が行われました。 ドイツ研修に参加した生徒による発表会の内容は、研修の大まかな流れと内容、ドイツと日本の違い、実際に訪れた分かったドイツの姿、この研修を通じて学んだこと等でした。 ドイツと日本の違いが多く紹介されましたが、実際に訪れてみないと分からないであろうことが多々ありました。 また、今回の研修が自分の将来を決めるきっかけになったり、今まで考えていたことがより明確に意識するきっかけになったようで、研修に参加した全員にとって非常にプラスになったようでした。   ドイツ研修発表後、ドイツ研修でお世話になった先生による講演会が行われました。 講演会では、ドイツの林業についてや森林との身近さ等、同じ森林でも日本とは違ったところをお話していただきました。 お話だけでなく映像もご用意してくださっていたお陰で、ドイツでの森林と人々の様子がよく分かりました。 また、本日はたくさんの方に来ていただきました。 お忙しい中足を運んでいただきありがとうございました。
全校朝礼で保健委員会からの発表が行われました。 心とからだの健康についてでした。 生徒からのアンケート結果の紹介や、心身の健康に保つための対策の紹介を行いました。 グラフ等を用いて見やすくまとめられており、分かりやすい内容でした。 保健委員会の発表を参考に、健康な毎日を送れるようにしましょう。
6限目終了後、掃除と明日の会場準備が行われました。 200脚以上イスが必要になるそうで、位置取りの確認や量等イスを並べるのが大変そうでした。 また、明日冷えないようにストーブの配置も万全のようです。 明日は多くの方に来ていただけるようなので、今年度初めて行われたドイツ研修がどのようなものだったかを、研修生にしっかりと皆さんに話してもらいたいです。
上高通信1月号更新しました。   ↑の画像をクリックしていただくか、画面上部(スマホの場合はホーム画面の学校名上部にあるタブをタップ)のお便りからご覧になれます。 フルカラーで掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
保健だより1月号更新しました。   ↑の画像をクリックしていただくか、画面上部(スマホの場合はホーム画面の学校名上部にあるタブをタップ)のお便りからご覧になれます。 フルカラーで掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
2年生の総合学習の時間でSDGs学習を行いました。 冬休みにインタビューした内容をもとに、自分達がやりたかったことや対象を再確認した上で解決したい・解決しなければならない課題を文字化しました。 インタビューの内容をまとめたり、何のためにやるのかというこを絡めて考えるのはある程度できているようでしたが、それを言葉にするのが難しそうでした。 自分達から積極的に先生に質問・相談する姿が見られました。 課題をまとめてからは、解決するためのアイデアを考えました。 アイデアは浮かんでもどう言葉にしようか悩んでいる生徒もおり、言葉で表す難しさを体感したようでした。 最終的にはある程度どのグループもアイデアを言葉にすることができており、上高生ならではのアイデアや考え込まれたアイデアまで様々ありました。
講師の方に来ていただき、森林環境科の生徒を対象に地域活性化に関する講演及びワークショップが行われました。 講師の方の略歴やこれまで行ってきたこと・事例を交えつつ、6次産業化についてお話いただきました。 6次産業化では、何を使ってどのような対象に売るのかをしっかり考えることが大事で、問題解決のための商品開発だけでは消費者に買ってもらえない等、勉強になるお話が多くありました。 また、地域ブランドを作るためにも、消費者の求める商品に寄せていくことが必要だということもお話されていました。 ワークショップでは、グループ毎に自分達がトマトを使って商品開発すると仮定し、どのようなターゲットを設定するか、どのような商品を作るかを考えました。 すぐにはアイデアが出てこないようでしたが、発表の時には商品やターゲットについてしっかり設定できていました。 6次産業化というのがどういう流れで行われ、何が必要なのか勉強になったと思います。
森林環境科2年生の木工実技講習の様子です。 各自で穴あけや接合部分の微調整を行っていました。 接合部分の調整は、のこぎりで突起部分を少しずつ切り取っていました。 ずれるとまた調整し直しなので、慎重に作業をすすめていました。 また、かんなを使って板の側面部の角張ったところや表面を滑らかにしていました。 難しいところもあり苦戦している生徒もいましたが、講師の先生にやってもらうとあっという間に滑らかになり、驚いていました。 着々と完成に近づいてきています。
3学期の始業式が行われました。 1・2年生は課題テスト、3年生は特別時間割で授業があります。 休み明けではありますが、3学期の良いスタートが切れるよう、それぞれ頑張っていきましょう。
2年生の総合学習で、冬休み中に自分達の活動のための聞き取り調査を各自で計画立てて行っており、グループの1つが久万高原町役場のふるさと創生課の方にお話を聞きに行きました。 役場の方々が人を増やすためにどのような取り組みをしているのかを詳しく教えてもらっていました。 また、今回インタビューに応えてくださった方からは、上高生が様々な取り組みを行っていることも、久万高原町を知ってもらうのにプラスに作用していると教えていただきました。 お忙しい中お時間を割いていただきインタビューに応じてくださっているので、インタビューで知ったことや学んだことを自分達の活動に生かせるようにしましょう。
2018/12/27
陸上部年末恒例もちつきが行われました。 熱湯で殺菌し手袋をつけて行う等、衛生面にもしっかり気を配っています。 力強くもちをつき、非常に美味しそうなもちが出来上がっていました。 このもちは、1年間のしめくくりとともに、お世話になった先生方に配りました。
2年生の総合学習で、冬休み中に自分達の活動のための聞き取り調査を各自で計画立てて行っており、グループの1つが町外から久万に来られた方を対象に聞き取りをしたいということで、上高に来ている地域おこし協力隊の方にインタビューを行いました。 町外から来た人が思う久万高原町の良さや魅力、少し困っていること、久万高原町に来ようと思ったきっかけ等をインタビューしていました。 質問に答えてもらった内容をさらに追加で質問しており、自分達の知りたいことをより深く知ろうとする姿勢が見えました。 他のグループもそうですが、いろいろな場所・人にインタビューして得たものを、自分達の活動にしっかり反映できるよう頑張ってください。  
2018/12/26
昨日から冬季課外が始まっています。 1年生から3年生まで全学年で行われています。 学年が上がる毎に科目数が増えており、3年生のBコースの科目数が多いようです。
12/23(日)、森林環境科クロモジ研究班が道後温泉「飛鳥乃湯」で行われたイベントに参加し、クロモジ研究の為のアンケートと芳香剤作りによる普及活動を行いました。 葉と枝のオイルの香りを嗅いでもらいクロモジについてのアンケートに答えてもらった方に、芳香剤作りを体験してもらいました。 見本として置いた芳香剤に興味を持って近づいてくる方が多く、快くアンケートにご協力いただける方ばかりでした。 クロモジについて知っているという人はいても、クロモジから精油が採れることを知らない人がほとんどで、今回の芳香剤の香りがクロモジのオイルであることを知って驚く人が多くいました。 生徒は積極的にいろんな人に声をかけてアンケートに協力してもらい、アンケートに答えてもらっている際には、自分達の活動についての紹介等も行っていました。 芳香剤も人気で、車に置くという方や、玄関に置くという方が多かったです。 今回は道後のイベントということもあり県外からお越しの方も多く、クロモジの普及活動とアンケートによるデータ収集の両方の面で非常に有意義な活動となりました。
☆カホンプロジェクトチーム、東温進出☆ FM愛媛主催のイベントで、森林環境科カホンプロジェクトチームが、東温アートヴィレッジセンターにてカホン制作ワークショップを行います。 カホン制作後は、インドの弦楽器「シタール」との簡単なセッションも楽しめます。 詳しくは、FM愛媛ホームページをご覧ください。 ←こちらをクリックすると、FM愛媛ホームページに移行します
2018/12/21
FM愛媛の方々が、森林環境科のクロモジ研究班、トマト研究班、カホンプロジェクトチームの取材に来られました。 それぞれ代表の生徒が集まり、これまでの活動内容について詳しく話しました。 イベントの参加や大会への出場について等、たくさんの話がありました。 これから活動を継いでくれる後輩達にやって欲しいことについても話していました。 また、久万高原町についての魅力や自分にとってどんな町か、将来的にはどういう町になって欲しいか等も話していました。 今回の取材の様子は、1/1(火)12:00~17:00から生放送されるFM愛媛新春特別番組「えひめまるごと5時間!」にて聴くことができます。 上高生の熱い想いが詰まっているので、ぜひお聴きください。
2018/12/20
森林環境科クロモジ研究班が、12/23(日)道後温泉「飛鳥乃湯」で行われるイベントの事前準備を行いました。 講師の方に来ていただき、イベントの様子や準備物について指導していただきました。 イベントでは、「香り」をテーマにクロモジをPRするようです。 イベントは10時から開催される予定となっておりますので、お時間がある方はぜひ足を運んでみてください。
2018/12/20
表彰伝達と2学期終業式が行われました。 表彰は、高文祭で奨励賞を受賞した郷土芸能部と、第4回全国ユース環境活動発表大会四国地方大会で「高校生が選ぶ特別賞(高校生選考賞)」を受賞したカホンプロジェクトチーム、校内読書感想文コンクールでした。 終業式では校長先生のお話があり、野球部が吉田町でボランティア活動をしたこと、剣道部が新人戦で5人揃って団体戦に参加したこと、どんな時でも前を向いて頑張ること、人と人とのつながりの大切さについて等お話してくださいました。 明日から冬休みが始まりますが、有意義に過ごせるようにしましょう。
2018/12/19
FM愛媛の方が、森林環境科トマト研究班の取材に来られました。 生徒は、活動を始めようと思ったきっかけや、活動内容等について話していました。 規格外トマトに着目した理由や、規格外トマトとはどんなものかについても説明していました。 また、今後の活動として、来月行われる「愛媛県第2回農業クラブ各種意見発表会」に出場することや、次の世代に引き継いでもらうようにすること等を話していました。 今回の取材の様子は、1/17(木)11:40~11:55「森の久万産らじお(FM愛媛)」にて放送されますので、ぜひお聴きください。  
2018/12/18
森林環境科3年生と久万小学校5年生が交流学習で飯ごう炊飯&おむすび作りを行いました。 5班に分かれて活動しました。 火おこしは高校生が率先して行い、火力調節等は高校生が小学生をサポートしながら進めていきました。 小学生は必死にうちわを扇いだり火の番をしていました。 ある程度安定してからお米が炊けるのを待つ間、各班でレクリエーションゲームをしました。 内容はゆびすまですが、数字を言う前に自分の名前を言わなければならないというルールがあり、皆自然と名前を覚えていました。 ご飯が炊けてからは、林業教棟に移りおむすび作りを始めました。 ラップに適量のご飯を乗せて、塩をお好みでかけて作りました。 中には大量のご飯を乗せ、大きなおむすびになっている生徒もいました。 ご飯のおともには、上高で作った大根の甘酢漬けが出されました。 →久万小学校ホームページ←