新着(最新5件)
上高生が考えた久万高原町産野菜を使った商品開発の第2弾として、ピーマンを使用した「上浮穴高校まろやか高原カレー」の発売が決定しました。日曜日にはエミフルMASAKIで先行販売を行い、3月1日以降は、道の駅天空の郷さんさんをはじめ、多くの店舗で販売開始となります。
生徒代表(保健委員2年生)による活動報告をはじめ、学校における健康に関する問題などが専門委員・地域&保護者代表の方々など、様々な角度から集まった委員で協議されました。 コロナ禍の今年は、あらためて感染症対策や健康管理の大切さを感じての発言が多かったように思えました。  
ALTも参加して、タブレット端末を活用したリモート授業が行われました。
NHK「ひめポン!」の取材がきていました。放映日は2/18「ハイスクール巡り」で登場予定。お楽しみに。
トマト研究から生まれた「上浮穴高校桃太郎とまとハヤシソース」。好評をいただいているそのレトルトソースを使ったとっても簡単!でも味は本格派!!な、レシピを紹介しているページです。忙しい日常に、親子のコミュニケーションに、、、。食べ盛りの高校生が試して納得したメニュー。ぜひおためしください。 レシピのページはこちらから
小学生と一緒に収穫した大豆。今回は別の場所でzoomで繫ぎながら、節分炒り豆をそれぞれが同じレシピで作ることにチャレンジしました。 水につけといた大豆を電子レンジに入れるだけの簡単調理ですが、年の数以上に食べたくなる美味しさで、上高生たちの美味しい!!の声が聞こえてきたのと同時に、リモート先の小学生からも 歓声が聞こえてきました。 一緒に作れなかったのは残念ですが、同じ美味しさを共有できたのは良かったね。
コロナ対策で密をさけながらの調理実習。 初めてでなれない調理室。 4時間目ということで、昼休みも返上になりましたがどうにかサラダ寿司と豆腐白玉をつくりあげました。
地域の課題解決に挑戦!! えひめスーパーハイスクール・コンソーシアムin中予が開催されました。各県立高校が行っている先進的な教育活動の報告や意見交換を通して 地域の課題解決にとりくむ気運を高めようと県教育委員会が開いたもので、 今年度は初のオンライン開催となりました。 この日に向けて中予地区9校の活動内容が事前に動画で紹介され、 その動画を元にオンラインでのディスカッションが、中学・高校・大学生と 幅広い参加者のもとおこなわれ、上高も2年生全員が参加しました。 グローカルリーダーについて考えたり、地域と交流し魅力発信の活動をしたり、 さまざまな高校生が活動を通して感じたこと考えたことを直接聞けました。 上浮穴高校も課題研究や総合学習で積極的に地域と交流をし、久万高原町の 魅力を発信したり地域の課題解決に取り組んだりしているので、他校の同じような取り組みが知れたり、考えるていることが聞けたりするのは とても良い刺激だったと思います。 愛媛の中予の学校に通う みんなで一緒に愛媛を、中予を盛り上げようという 仲間意識がもてたのでは。 急速にオンライン授業が導入され、間口が広くなっている昨今。動画制作/オンラ...
愛媛大学 社会教共創学部 農漁村マネジメントの2回生による授業でした。 1人は上高卒業生。もうひとりは大学受験が愛媛初上陸という、全く違う高校生活を送ってきたであろう2人による、現役大学生のリアルな話。堅苦しくない言葉で、楽しそうに、自分たちが大学で何をやっているかを話してくれました。 何より学ぶことが楽しい! コロナ禍でもじぶんのやりたいことを見つけて、前向きに取り組んでいる近しい年齢の人のこの姿は、上高をもうすぐ巣立つ3年生にも「負けずにやるぞ!」という良い刺激になったと思います。 じゃあ、なぜそんな風に考えれるのかのヒントもくれました。 今、動く機動力に考えて見るとよいこと。それは「5年後どうなっていたいか」そして「死ぬときどう死にたいか」だと。 みんなで考えてみました。 (5年後)やりたいことをみつけて実行できる人になりたい。独身生活を謳歌してたい。森でくらしている人みたいになりたい。 (どう死にたい)後悔しないで死にたい。病気にならないで死にたい。ネギ農家を全うして・・・・・ ??!で笑いが起きるような珍回答続出!ただちょっと掘り下げるといろいろな想いがみえてくる興味深い意見が飛び交いまし...
魅力ある久万高原町をアピールしてもっと観光客に来てもらおう!! 観光協会のお仕事の説明もほどほどに「実際に観光協会のお仕事を体験してみませんか?」との嬉しいお誘い。今実際に取り組んでいる企画発案を一緒に考えてみました。 上高生が、総合学習や学校生活で鍛えてきた発想の豊かさを発揮できるチャンスです。 試作段階の土産菓子を試食しながら、思いつくままにペンを走らせます。最初は消極的だった生徒もグループでの会話から気負いが取れ、沢山の提案を出し合っていました。 その中から選んだ1つを班ごとに発表します。没にしたものも含め、若者らしい柔軟な発想はどれも微笑ましく観光協会の方々のお仕事を応援するものになったのではないでしょうか。 上高生の書く文章の中には、よく「久万高原町が好き」や「久万高原町に恩返しをしたい」という言葉がでてきます。それは生徒自身にとっても、久万高原町にとっても、とても大切なものだと感じます。笑顔が一杯広がった教室。いつかその思いが良いカタチにつながれば良いなあと思える授業でした。  
上記大会がオンラインで開かれ上高からは意見発表に2名、プロジェクト発表に1組が参加しました。 日々の活動も思うようにならなかった今年度、各校それぞれが工夫しながら活動した多彩な発表をしていました。 上高生も久万高原町という地域ならではの林業、規格外野菜を使った商品開発、クロモジの研究で発表を行いました。どれも上高生にとってはなじみ深い研究課題であり地域との連携も身近なものですが、それは普通ではなくとても有意義なものだと改めて感じれるいい機会だったと思います。 発表者の照れ&達成感からの良い笑顔が印象的でした。
第48回愛媛県団体総合バドミントン選手権大会 男子3部 準優勝第17回はぴかちゃん歯いく(俳句)大賞 団体賞明るいニュースでスタートした今回の朝礼、保健委員会の発表へと続きます。 今年度、感染症予防&対策について取り組んできた保健委員会。文化祭でも、フェイスシールドをアレンジできたりする楽しい対策を提案していました。 まとめともなる今回の発表では、自分たちの作ってきた資料や〇✕クイズなどでコロナウイルス感染症をはじめインフルエンザ・ノロウイルスなどをどのように予防するか、また、怪しいと思った時の行動の仕方を上高生みんなで確認できる良い発表内容でした。 「すべての感染症予防の基本は同じです。手洗い・うがい・マスク・ソーシャルディスタンスに日ごろから取り組み、楽しい学校生活を送りましょう。」最後締めくくった言葉が印象的でした。  
真っ白な雪景色が外は広がる中、白い食べ物「中華まん」「イチゴ大福」の調理実習です。さすが3年生、肉まん・あんまん・イチゴ大福の3種のレシピをみながら2時間ほどで手早く完成させました。